英語系CBTの最新事例 – 英会話スキルをオンラインでチェック

ニューノーマル時代、オンラインテストはCBT(Computer Based Testing) を合言葉に、教育業界だけではなく一般企業の社員研修における習熟度テストにも採用されるなど、大きな広がりを見せています。

特に、CBT活用の先駆けともいえるのが英会話業界。英会話(リスニングスキル、スピーキングスキル)や英文法、単語力を測定するためのさまざまなCBTが存在します。しかしながら、実際にすべてのテストを受けてみるのはなかなかハードルが高いもの…本記事では、英語のWebテストをリアルに感じられる人気の動画コンテンツや注目のWebサイトを中心にまとめてみました📚

CBTと従来の紙試験との違いは?企業のオンラインテスト実現に向けて越えておくべき9つの壁とは?本ページ下部の無料ダウンロードできる資料も併せてご参考ください!

人気YouTubeチャンネルのGwenTVで、TOEIC®スピーキングテストを体験!

まずは、英語能力テストの大御所TOEIC®(トイック)。「Test Of English for International Communication」の略なんですね、知ってましたか?国内では今年の4月から、団体特別受験制度(IPテスト)にオンライン方式が追加されました。
国際ビジネスコミュニケーション協会プレスリリース

そんなTOECのスピーキングテストを人気YouTuberが紹介しています。

韓国で英語学習インフルエンサーとして著名なGwenさん。実際のテスト画面などは確認できませんが、流暢な英語によるレビューで、問題の内容や制限時間、解答例を知ることができます。全編英語の動画なので、この動画を視聴すること自体が、英語力の向上につながりそうですね!

独学系YouTuber七瀬アリーサさんのVERSANT®テスト体験動画をチェック!

ビジネス用の英語力測定テストとして名高い、VERSANT®(バーサント)。
専用アプリで自宅受験できるのが特徴で、まさに最先端のCBTシステムを採用されていますね。スマホやタブレットで気軽に学力を測れるスタイルが今後のトレンドになりそうです!

TOEICスコアを独学で555点 → 940点に上げた七瀬アリーナさんが、実際にバーサントを受験!
動画内でテスト結果も発表されています。具体的なテスト問題は紹介されていませんが、バーサントの難易度を把握でき、今後の英語力向上のための勉強法も紹介されているので、英語のスキルを向上させたい方は必見です。

ケンブリッジビジネス英語のLinguaskill speaking testを公式動画でチェック!

ケンブリッジビジネス英語も、ビジネスパーソン対象の英語試験として支持されているブランドです。
公式YouTubeアカウントでは、Linguaskill(リンガスキル) speaking testについてのCBTの受験方法が紹介されています。
サンプル問題に対して回答する方法が丁寧に解説されています。

実際のビジネスシーンでありそうな会話が多く出題されていますね!
概要欄からはサンプルテストを無料でオンライン受験できるようですので、興味がある方は是非試してみてください。

DMM英会話インターン生による、スピーキングテストの社内取材をチェック!

おぎやはぎ矢作さんのCMも印象的なDMM英会話。
愛嬌たっぷりのインターン生が、インタビュー形式で紹介していて、とっても読みやすい記事です。

美人講師曰く、DMM英会話の教材を選ぶ上で、先ずレベルチェックのためにスピーキングテストを受検してみる方が多いとのこと。こちらはCBTではなく、あくまでも担当の先生との会話を通じたスキルチェックです。

IELTSプログレスチェックの紹介動画を見てサンプルテストを受けてみよう!

TOEICと並び立つ英語テストブランド、IELTS (International English Language Testing System: アイエルツ)。
こちらの紹介動画にあるように、オンライン上で模擬テスト(有償)を受験できます。
資格・検定業界のDXは一朝一夕には進まないでしょうから、対面での会話テスト + オンラインテストで専門の面接官に採点してもらえるという二段構えのスタイルは、今後スタンダードになり得るかもしれません。

NHK出版の英語力測定テストで英語力をかんたんに測定してみよう!

こちらは、NHKテキストが無料公開している、英語力測定テスト。
NHKの「基礎英語」には、筆者も学生時代に大変お世話になりました。
ブラウザ上で回答して結果もすぐ確認できる仕様のCBTを受験できます。

2月にローンチして、7ヶ月で25万人以上(2020年9月時点)がテストにチャレンジしているようですから、マスメディアの影響力が伺い知れます。2021年の1月に終了してしまうようなので、手軽に英語力の腕試しをしたい方は、お早めに受検されることをオススメします!

WisdomBase(ウィズダムベース)なら、CBT配信環境をかんたんに構築できます

CBT導入・運用コストを安く抑えたいなら、WisdomBase(ウィズダムベース)

テスト実施に必要な機能を網羅。ご希望の独自機能も柔軟に追加開発いたします。習熟度テストの実施だけでなく、研修動画の配信システムとしてもご好評いただいております。

一般的なクラウドサービスではなく、事業会社さま及び代行会社さまの独自サービスとして構築。貴社の資産として継続的に利用いただけます。

CBT実現を応援するお役立ち資料のDLもいかがでしょうか。

「オンラインテスト化・DX実現に向けて越えておくべき9つの壁」をまとめた資料を無料ダウンロードしませんか?

リモートワークの実現にお悩みならこちらの資料DLも無料

LMS導入や対面研修のオンライン化を検討されている採用担当者さま・HRコンサルタントさま向けにはこちらもオススメ!

この記事を書いた人